酵素ダイエット中にビールは飲んではいけないのか?

 

ダイエットの大敵がアルコールですよね。

 

特にカロリーの高いビールには注意が必要です。

 

これは、酵素ダイエットの時にも同じことが言えます。

 

酵素ダイエット中は、できるだけアルコールの摂取を避けるのがベターでしょう。

 

しかし、ダイエットのモチベーションを保つために少しのアルコールは摂取したいものです。

 

では、酵素ダイエット中にビールを完全に避けるべき時とそうでない時の違いを見てみましょう。

 

絶対にビールを飲むのを避けるべきケース

 

必ず断酒した方が良いのは、1日3食を酵素ドリンクに置き換えている時です。

 

胃の中は空っぽで断食をしているような場合です。

 

空っぽの胃の中にビールなどのアルコールを入れてしまうと、胃に強い刺激を与えてしまいます

 

結果として胃が荒れてしまいます。

 

さらに、アルコールの中でもビールはカロリーが高く、消化するために多くの消化酵素が必要になります。

 

せっかく、酵素を摂取して代謝を上げたいのに、摂取した酵素がアルコールの分解に使用されてしまいます。

 

内臓にもかなりの負担がかかるので、断食の本来の目的である内臓を休めることもできなくなってしまいます。

 

少量ならビールを飲むことが出来るケース

 

 1日1食を酵素ドリンクに置き換えている場合です。

 

胃の中には基本的に食べ物が入っていますから、ビールを飲んでも胃を荒らすことはありません

 

しかし、あくまでもダイエット中ですから、ビールは少量で食後に飲むようにしてください。

 

理想ではカロリーの高いビールを避けてカロリーの低い焼酎などを飲むことをお勧めします。

 

このように、酵素ダイエット中にアルコールを飲むかはケースバイケースです。

 

どのようなダイエットにも言えることですが、ストイックになりすぎてストレスを溜めてリバウンドをしたり、途中で投げ出してしまうのが最悪のケースです。

 

上手にバランスを保ちながら、長期的に行うのが酵素ダイエットのコツでしょう。

 

長い目で見ながらコツコツダイエットを続けていきましょう。